TOPIC
LIST

【音楽と美術】

カテゴリー タグ

皆さんこんにちは。
ミューズポートボーカル教室インストラクターのnorikoです。(ただの方。笑)

今回は、
「音楽と美術との繋がり」について書かせて頂きます(^^)

私は大学生だった頃、音楽と美術という授業を選択科目で取っていました。
といっても私は絵を描くなんて、、ヘタで笑えます(^^;)
その授業は、古い時代からの音楽と美術の繋がりについてを学ぶ授業でした。

授業では、先生がとても古い時代の色々な絵を紹介してくださいました。
「この作曲者が生まれた頃、活躍していた頃にはこの画家がこんな絵を描いていた」など。

引き込まれるような楽しい授業でした。

でもやはり好みがあって、苦手な絵もたくさんありました。
不思議と好きな音楽と好きな絵が同じ時代でした。すごい!ほんとに繋がってる!
と思いました。

私の好きな作曲者、画家は
印象派の時代の人。
(印象派とは、激しい情緒や物語性の描写よりも、気分や雰囲気の表現に比重を置いた音楽様式である。)
作曲者はモーリス・ラヴェル

画家はピエール=オーギュスト・ルノワール

が特に好きでした。
先生にも合う!と思って頂けたようで、ラヴェルの曲をたくさん課題曲にして頂きました。

この時代の音色を探すためにたくさん耳と時間を使ったのを覚えています。

そして今、この時代の素敵なミュージシャンと素敵な絵描きさんに出会いました(o^^o)

ミュージシャン:あべたかしGOLD&キラキラみさこ
絵描き:近藤康平

あべたかしGOLD&キラキラみさこ

-プロフィール-
晴れやかな笑顔と陽気なリズムに優しくそよぐ言葉と音。伝えたいのは「日常に潜む小さな幸せ」フォークギターとカホンというシンプルな編成で暮らしの歌を奏でる夫婦DUO。

旦那様のあべたかしGOLDさんがGt&Voを。
奥様のキラキラみさこさんがカホン&パーカッション&Voを。

ホッとする優しい音楽で、ニコニコ口角が上がって聴いていたかと思うと、歌詞が胸にガツンとくる曲を感情剥き出しに歌う、演奏するお2人にボロボロ泣いてしまいます。
特に「この瞬間を待っていた」という曲はもう毎回ボロボロです。笑
お人柄が出てる本当に素敵になアーティストです。


近藤康平
-プロフィール-
1975年生まれ 鳥取大学大学院連合農学研究科卒業 森林学を学ぶ。2006年 31歳で創作をはじめる。ライブペインティング、展示活動を中心に、CDジャケット、書籍装丁、舞台美術、服飾などの分野で活動をおこなっている。
様々なミュージシャンの演奏に反応・同期しながら、即興で絵を描いていくパフォーマンスを行っている。30分前後で、巨大なキャンバスに手の平をつかいものすごい速度で何度も景色を塗りかえていくパフォーマンスはたくさんの人を魅了している。

つい最近、あべたかしGOLD&キラキラみさこさんのライブで近藤康平さんに出会いました。いつも通りの素敵なライブ。そこに近藤康平さんが一曲に1枚絵を描いていました。

優しくてあたたかい絵。
あべたかしGOLD&キラキラみさこさんの音楽にピッタリですぐファンになってしまいました。

あべたかしGOLD&キラキラみさこさんのこの日初披露だった「天気予報」という曲。
いい曲で、また泣いちゃう曲が増えました。
その曲の時の近藤さんの絵がまた素敵で。。
こんな絵です。

いい音楽に素敵な絵。
音楽と美術が繋がる時を生で体感してしまいました。
素晴らしかった。

やっぱり音楽と美術は繋がってる!
これからもあべたかしGOLD&キラキラみさこさんの音楽、近藤康平さんの絵を近くで感じていたい。そう思っています。
みなさんもよかったら音楽と美術の繋がりを探してみてくださいね。
きっともっと世界が広がるはず!

コメントをどうぞ

ミューポくんが確認すると掲載されるよ
TOPIC
LIST