TOPIC
LIST

藤田先生のおすすめ映画『シザーハンズ』観てみた件

カテゴリー タグ

こんにちは。インストラクターかんなです。
年末年始のごたごたも落ち着きまして

まぁゆっくりビール片手に映画でも見てみようと。

よっしゃ、映画と言ったら「映画ヲタク」我らが藤田せんせい!

藤田せんせいが過去に書かれたおすすめ映画ブログ

この↑ブログのおすすめ、

かんなが「シザーハンズ」のDVDを観てみた件

についてレポします。
(もちろん藤Tに借りた(笑))

子供のころ、よく金曜ロードショー(かなんか)でやってましたよね。
なんとな~く話の輪郭は覚えていましたが、いや、観直して結構衝撃的でした(笑)

いや、話のあらすじとか音楽とかは藤田先生の記事を参考にしてください(笑)
私の方はかなり砕けたアンサーブログです。

まず、
「ジョニデ、若!!!」(゜o゜)

この作品がティム・バートン×ジョニーデップの最初の作品と上記ブログで勉強したのですが
ティムさんといえば画面が見にくいくらい「黒」「暗い」っていう印象の作品(失礼)

なのにシザーハンズは
町のシーンがかなりカラフルで70年代(なのかな?)風のPOPな色使い。

対して主人公の住む不気味な「お屋敷」内部は黒、灰色。

あぁ、こうやって同じ空間でも対比して演出していくんだな、と、
なぜか偉そうに舞台的演出思考してみる。

純粋な主人公、エドワード、良心だけでなく嫉妬心や独占欲が芽生え始め
でも「人を傷つけたくない」という優しさとの葛藤。
人間より人間らしく、素直な姿でした。

印象的なシーンは多々あります。
藤田先生の

「エドワードの心臓が何で出来ているか、という所も私的にはお気に入りでした☆彡」
…私的にはこの心臓を作っている機械が面白かったです(笑)
さっき真似したら藤田先生に軽くあしらわれました(撃沈)

やはり印象強いのはエドワードが氷を彫刻している側でキムが踊るシーンでしたね。あぁ、美しいってこういうことなんだなと。

あの頃はまだこんな終わり方に納得がいかず(笑)
大人になって観てみるとまた色々な発見があり、解釈があり、興味深かったです。
みなさまも、是非観てみて下さい。(TSU●AYAにあるよ!)

ちなみに舞台化もされているんですってね。そっちも観たい~!


“藤田先生のおすすめ映画『シザーハンズ』観てみた件”に1件のコメントがあります。

  1. このシザーハンズによく似た境遇の男が描かれた「Ghosts」というショートフィルムがあります。
    ある村に幽霊が出そうな誰からも支配を受けない場所で幽霊と暮らしている男がいました、その男は村々の人間から変人だとか気狂いと呼ばれ村々の人々から立ち退きを迫られます。ある種の怪物である男は何とかして自分なりに、村々の人々との接触を試みるのですがやはり打ち解けることが難しく、最後は立ち退きを迫る太っちょの男は恐怖から窓から飛び降りて終わり、怪物と呼ばれる男は自らの体を砕き朽ち果てるというストーリーです。

    このショートフィルムの肝は、立ち退きを迫る嫌みで太っちょの男と、怪物や気が狂った男と呼ばれている男が同じ俳優で演じられている所です。「Ghosts」や「シザーハンズ」を観る度思うのは人間皆それぞに、目の間にいる人を気づかう心を持っていてもプライドが邪魔したり、エドワードのよう傷つけたく無くても刃物を持っている立場であったりして打ち解けることが難しいことがあります。しかし偏見を持たずに目の前の人を見れば、みんな心の中のどこかに同じ物を持っているんだよと、伝えたいのかなぁと何となく思います。ちなみにこの「Ghosts」というショートフィルムはカンヌ映画祭でも公開された作品でしたが、実質的にはパッケージ化されていないのです・・・

    原案はスティーヴン・キングとマイケル・ジャクソン、主演5役マイケル・ジャクソン。リミックスアルバムに収録されたシングルカットもされていない曲を、わざわざ40分を超えるショートフィルムで制作されています。脚本、振り付け、音楽、衣装、メイク、美術全てマイケル・ジャクソンが関わっている渾身の一作です。ネットで転がっているのを見つけたら、観て欲しい一本です。

コメントをどうぞ

ミューポくんが確認すると掲載されるよ
TOPIC
LIST