トピックス

【おうちでボイトレ】リズム(表拍と裏拍)をとってみよう!

今回は、リズム(表拍と裏拍)をとる練習を紹介します!

リズムには「表拍」と「裏拍」があります。
例えば4拍子の場合、「1234」とリズムをとりますが、この数字の間に「と」を いれて、「1と2と3と4と」と言ってみましょう。
この「数字」が「表拍」、「と」が「裏拍」となります。

「表拍」だけではなく、「裏拍」も感じて歌うことで、リズムにのってかっこよく歌えるようになります!

動画では、
①メトロノームを使って「裏拍」をとる練習
②ステップを踏みながら「表拍」・「裏拍」の両方をとる練習

を紹介しています。

動画は↓をクリック

【ボイトレのリズムトレーニング2】リズム(表拍と裏拍)をとってみよう!

初めはゆっくりなテンポで大丈夫です。
声に出してリズムをとったあと、ぜひ体も使ってリズムを感じてみましょう♪

無料体験レッスンで楽しさをちょっとお試し

お申し込みはお気軽に 0120-941-175