東日本大震災へのとりくみ

本日、東日本大震災発生から二年がたちました。
犠牲となられた方々に改めて追悼の意を表するとともに、被災された皆様が幸せに暮すことのできる環境と心の安寧を取り戻されること。心よりお祈り申し上げます。

私どもは震災の発生直後に「こんな時だからこそ歌おう」と呼びかけました。
自分たちがそれぞれ「いま自分ができること」でベストを尽くそう、我々もベストを尽くします、と呼びかけたのです。

幸いなことに、たとえ電源を喪失してもレッスンが継続できる環境があり、教室を休むことなくレッスンを続けることができました。
そうした中から、何人もの生徒さんが被災地を訪れ、心から傷ついた大勢の方々に歌を伝えてきました。
また、私どもも主催や共催の形で様々な復興支援イベントを行うことで、被災地を応援して参りました。
東日本大震災被災時計
(震災で落下して時を止めたAスタジオの時計)

そういう意味からも「いま自分ができること」にベストを尽くすという考えは今でもブレておりません。

さて、被災地では今なお、さまざまな問題などを抱えております。
私どもは「いまできること」にベストを尽くし、復興のお手伝いをするとともに、
より一層、危機管理、防災管理に留意した教室づくり、あわせて社会に貢献できる企業づくりを進めて参りたいと思います。

平成25年3月11日
株式会社ミューズポート/ミューズポートボーカル教室 代表取締役 宗澤俊郎


コメントを残す

TWITTER

FACEBOOK

上へ