上大岡イベント

ミューズポートボーカル教室では年間2回のバンド的なライブと別にアコースティカルなライブを行なっていますが、そんなライブ7発目となる ”Acoustic Style 2011”の参加者募集のお知らせです。
今回は夏場ということもあり、節電としてトータルの楽曲制限をすること、そして本来の「アコースティック」な雰囲気にするために、カラオケによる歌唱はなしとします。ご了承下さいませ。

●コンセプト : もともとはギターやピアノ弾き語りライブだったのですが、ご自分で演奏できない方にも参加のチャンスを!というところからサポートミュージシャンも呼んでのライブとなりました。なお今回は電力事情が不安定なためトータル楽曲数を2割(前年比)制限して40曲程度の「節電ライブ」と致します。それと今回はカラオケ部門を設けません。ご了承下さい。
●日時 : 2011年7月31日(日)10:30~ (あくまでリハーサル開始の予定時間です)
●会場 : 横須賀Angelo
●基本参加費 : 1曲¥2,500(自分で弾き語りされる場合の1曲の参加費です。伴奏をご依頼される場合は下記)
●伴奏代 : ピアノとギターに関してはプロのミュージシャンに伴奏の依頼が可能です。通常のライブ同様、当日のリハで楽曲を合わせる形です。1アーチストのサポートは一曲につき\2,500です。
・ピアノ演奏=吉野ユウヤさん:Spring Heart for Japanでも御世話になったキーボーディスト。繊細な演奏、音色のセレクションが抜群の長身キーボードプレイヤー。アニメ世界名作劇場「こんにちはアン」の主題歌「ヒカリの種」など作曲多数。公式サイトhttp://park11.wakwak.com/~yossy/
・ギター演奏=大塚孝弘さん :Spring Heart for Japanでも御世話になったギタリスト(芝居や映像への音楽提供、レコーディング、セッションホストとしての活動の他、Rock、Jazz、Funk、Soul、Blues、Popsなど様々なフィールドにおいてセッションプレイヤーとして活躍している。)http://soulpower820.blog115.fc2.com
※1曲をピアノもしくはギターのどちらかの伴奏で歌う場合。 参加費\2,500+伴奏費\2,500
※1曲をピアノとギターの伴奏で歌う場合。参加費\2,500+ギター伴奏費\2,500+ピアノ伴奏費\2,500=\7,500
●参加要綱(1曲6分以内、1人最大3曲までとさせて頂きます)
1:応募締切 : 先着40曲程度で締切とさせて頂きます。大変申し訳ありませんが、ご了承下さいませ。
2:参加費と楽譜提出締切日:6月25日(土)
3:弾き語りで参加される方は6月25日までに以下のものをご用意下さい。
   ①参加費
4:伴奏によって参加される方は、6月25日までに以下のものをご用意下さい。
   ①歌いたい曲の原曲音源
   ②楽譜 (小節ごとに区切られており、コード進行がわかる楽譜が最低必要です。)
5:リハーサルについて : ご自分で演奏される方はサウンドチェック程度となります。また出演順に関係なくピアノ・ギター別リハで行う可能性があります。
●楽譜について
1:ピアノの場合は「ピアノ弾き語り譜」「バンドスコア」のように原音に忠実な楽譜がベストです。ギターの場合は小節の区分が明記されていてコード進行がわかるものがベストです。「歌詞とコードだけ」という譜面の場合、下記をご覧下さい。楽譜が見つからない場合は宗澤もしくはスタッフにご相談下さい。
2:「全く楽譜が見つからない」「歌詞とコードだけの楽譜しかない」という場合は、ミュージシャンに採譜して頂けます。別途採譜料\6,000が必要になります。
●ミュージシャンの演奏のご注意点
①ミュージシャンの伴奏は生演奏ですのでパーフェクトなプレイを保障するものではありません。また、原音に忠実な演奏は不可能ですのでご了承下さい。特にアコースティックなユニットでの打ち込み系やテクノ系の音の再現はかなり難しいと思います。
②歌が終わった後のアウトロで小節数が長い場合など、ミュージシャンの判断で短く省略されるのが普通です。ご要望(アウトロを完全に演奏してほしい、○小節分はやってほしい)がある場合は必ずお申し付け下さい。
③キーチェンジは可能ですが、あまりおすすめはしません。なるべく避けた方が原曲に近い音色とプレイとなります。


コメントを残す

TWITTER

FACEBOOK

上へ