ボイストレーニング, ミューズポートスタッフのたわごと

こんにちは。ミューズポートボーカル教室インストラクターのhitomiです。いつも教室ブログをお読みいただきありがとうございます。
日本各地でここのところ激しい豪雨や災害がおきています。不便で不安な日々を送られている方もいらっしゃると思います。
一日も早く安全で安心した暮らしに戻れますように。心からお見舞い申し上げます。

ミューズポートがあるここ7月の横浜上大岡は、梅雨明けはしないものの「まだ明けていなかったかしら」というお天気が多いです。早くも熱中症対策が必須な状況ですね。
お散歩中のワンちゃんも舌をだしてハッハッと体温調節をしてます。彼、彼女らは肉球くらいからしか体の熱が逃がせないらしいです。人間は全身で汗をかいて体温を下げますがワンちゃんは舌で体温調節してるんですって。

そんな舌を出してハッハッと息をしているワンちゃんの様子を真似る練習方法が実は
ボイストレーニングにもあります。その名も「ドッグブレス」。
体温調節のために行うのではなく、横隔膜や周辺筋肉を素早く柔軟にうごかして歌唱中のブレスコントロールを向上させる目的で行います。

やりかたは、、まさにワンちゃん先輩の動きの通りにやってみよう~なんですが(笑)、
まず、舌をだらんと前にだして出したまま1吐いて→2吸って→1吐いて→2吸ってを繰り返します。始めはゆっくり動きを確認しながら行ってみましょう。
吐いた時に横隔膜が下がり体幹は広がります、吸った時に上がり(元に戻り)ます。
「腹式呼吸は吸ったらお腹が膨らむんじゃないの?」と思いますが、ここでは「腹式呼吸のみ」ではなくあくまで発声トレーニングにつながるトレーニングなので吸気筋をコントロールしながら横隔膜を下げて吐くのが正解です。
なぜ正解なのかは次回に回しますのでまた読んでもらえると嬉しいです。

ドッグブレスに戻ります。
先に説明した1吐いて→2吸って→1吐いて→2吸って、のスピードをどんどんあげてみましょう。最終的には本当にワンちゃんの物まねというくらいの小刻みさで。
スピードが早くなると、お腹も「膨らんで」「戻って」と区別が難しくなると思います。
個人的には膨らんだ状態のままその中が小刻みにでも確実に振動しているという感覚です。
胸郭の下の横隔膜の張りも感じます。

始めは難しいと思いますがまめに続けているとできるようになりますよ。
ぜひお試しくださいね。
それではまた次回お会いしましょう。お読みいただき有難うございました。


コメントを残す

TWITTER

FACEBOOK

上へ