ボイストレーニング, ミューズポートスタッフのたわごと

こんにちは。ミューズポートボーカル教室インストラクターhitomiです。

発声するときにアゴが力んでしまう方には「ヨダレでちゃうくらい一回緩めてくださ~い」とお伝えします。アゴというと皆さん『下アゴ』をイメージする方が多いと思いますが、歌を歌うときには『上のアゴ』を、表情筋を使ってうまくコントロールする事が大切なんです。

上アゴの形=口蓋の形です。声の響きを作るには口の中、特に口蓋の引き上げがポイントです。その時に下アゴは力み過ぎずにいてあげてくださいね。下アゴで大きな口を開けようとしすぎるとハズれそうになるよね。大変。

〔いい響き、大きい声、高い音〕これらの声を出したいと願えば願うほど下アゴに力が入ってグアッと口を開けようとしてしまうと思います。大変。

そんな時こそヨダレ出してみる気持ちで下アゴをゆるめながら出したい音に向かっていってくれると嬉しいです。

hitomi

(画像は本文と関係ありません)

という事でこれから音楽に関すること、関係ないことなどお届けさせていただきますので。よろしくお願いいたします。


コメントを残す

TWITTER

FACEBOOK

上へ