熊本地震への対応

2016年4月14日に発生した平成28年熊本地震から2日が過ぎました。被災地の皆様には心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く被災地の余震が沈静化し、インフラの復旧、日常の生活が取り戻せることを、お祈りしております。
熊本地震義援金
さて、ミューズポートボーカル教室では今回の地震被害の甚大さにかんがみ、義援金募金箱を設置させて頂きました。

皆様の歌と応援の気持ちをぜひ被災地に届けたいと思います。
また、教室では被災地にご家族、ご親戚関係がいらっしゃる方、救援に従事されている方などへのレッスン変更を柔軟に対応させて頂いております。都度お申し付け下さいませ。

また現在、5月初旬をめどにチャリティイベントとしてオープンマイク形式の弾き語りイベントをシンガーソングライター「喉」君率いる「ZAZ@旅団」との合同企画として調整中です。こちらは別にお知らせできたらと思います。

「熊本地震義援金募金箱」
【募金受付期間】 2015年4月16日(土)-5月14日(土)
(ただし29日-5日はGWのため休校とさせて頂きます)
【募金の寄付先】
皆様かお預かりした募金は責任をもって全額日本赤十字社へ寄付させて頂きます。

【よくあるQ&A】
Q1:なぜ口座を設けずに募金箱でのみ受付するのですか?
A1:個別に色々な団体が義援金口座を作り義援金募集をすることが決して効率よいとは思いません。
むしろ日本赤十字社のように実績があり、すでに救援活動を行っており、公共性の高い窓口をご案内した方がいいでしょう。中には「義援金口座」を新規開設せずに既存口座で義援金を受け付けている団体もおります。口座振込には振込手数料がかかる場合もあり、皆様の善意が100%反映されにくいと考えております。
私どもでは基本的に日本赤十字社への募金を呼びかけ、会社としては募金箱でのみの受付としております。急いで寄付されたい方はQ3をご覧下さい。
Q2:なぜ日本赤十字に寄付するのですか?
A1:最も公共性が高く、過去の阪神大震災や東日本大震災における寄付金の運用に関しても実績のある団体であることが理由です。
また皆様からの募金を郵便局から送金した場合に、振込手数料が免除される点でも評価致しました。
Q3:5月14日まで待てない、早く被災地に募金を届けたい。
A3:最もスピーディーに寄付する方法は、私どもが間に入ることではなく直接日本赤十字に寄付することです。
詳しくは日本赤十字社→「平成28年熊本地震義援金」をご覧下さい。
Q4:義援金はどういう形でミューズポートから振り込まれるの?
A4:5月14日の受付終了後、募金箱を生徒さん勇志で開封して頂き、そこで募金額を計算して頂きます。
この金額で「ミューズポートボーカル教室生徒一同」名義で一口として郵便局を通して寄付させて頂きます。
さらに株式会社ミューズポートより義援金を「株式会社ミューズポート」名義で一口として郵便局を通して寄付させて頂きます。
郵便局における引き換えの受領証が寄付金額の証明となります。
Q5:募金活動に要した経費は募金から差し引かれるんですか?
A5:経費を募金から差し引くことは致しません。もちろん自腹となります。


コメントを残す

TWITTER

FACEBOOK

上へ